社員インタビュー(橋本 浩二郎) - エリアリンク株式会社
  1. HOME
  2. >
  3. 採用情報
  4. >
  5. 社員インタビュー
  6. >
  7. 橋本 浩二郎

部長 橋本 浩二郎 2016年 中途入社

どんなヒトにもモノにも価値を見出し
事業の発展につなげる、その発想に共感

社長との距離感が圧倒的に近い。
その分、自分への期待の高さを実感

以前は、大手の住宅メーカーで建築を担当していました。一見、ストレージ事業とは無縁のようですが、家の中に収納していたものを外部の施設に預けるという発想は、住まいづくりの根幹に深く関わってくること。住環境に影響を与える事業を自分の目で確かめたいという好奇心もあって、転職を決めました。

入社して驚いたのは、社長との距離感です。入社してまだ数日しか経っていないとき、「会社には慣れましたか?」と社長自ら声をかけてくださって。しかも、自分がこれまでどんな会社で何をしていたかも把握している。

千人規模だった以前の会社では考えられないことでした。自分は期待されてこの会社に迎え入れられたんだ。そう思えたことが大きかったですね。

自分の経験が世の中の役に立つ
それに気付けたことが何よりの収穫

入社後は、思っていた以上に新しい事業にチャレンジさせてもらえています。例えば、既存のビルをリノベーションして、付加価値を高めていくアセット事業。例え古くても、大切に使う価値のある物件を見出し、それを再生させるのが私の役目です。

“スクラップアンドビルド”的にむやみに既存の建物を壊すのではなく、建物の可能性を極限まで見極め、長く生きながらえさせる。これは物を捨てることよりも大切に保管することの大切さを示している会社のスタンスとも一致。社会貢献的要素がとても高いことに気付いたんです。モノもヒトも大切にする会社。それがエリアリンクです。

橋本さんからのメッセージ

「成長に必要なのは挑戦意欲とたくさんの経験」

エリアリンクは現状維持をよしとする会社ではありません。ですから、当然、社員にも向上心や自己成長を求めます。頑張ったら頑張っただけ評価されるし、手をあげれば仕事も任せられる。

だからといって自分の好きなことをやればいいというわけでもない。いろんなことに挑戦し、あらゆる経験をし、成長する自分を楽しむ。そんな気概のある人に仲間になって欲しいです。