社員インタビュー(小湊 満宏) - エリアリンク株式会社

課長 小湊 満宏 2019年 中途入社

アナログ的な発想を制度に採り入れて
究極の効率化を実現しているところがスゴイ!

IT化やDXに
いち早く取り組む姿勢に共感

IT企業のSEとして身に付けたスキルを一般企業で活かしてみたい。そう考えはじめたときに、エリアリンクがITスタッフを募集しているのを知ってエントリー。外注としてのサポート的立場から、企業内でデジタル化の中心的存在としてマネジメント業務に携わる。自分にとっても大きな一歩となりました。

エリアリンクは急成長した会社ですから、不備もほころびもあるのは当然のことです。そうしたIT化に関して、経営陣が「まずは社員が効率よく、仕事ができる環境を。

そして、お客さまにとって利用しやすいサービスを提供したい」と真剣に考えている。さらに、DXにもいち早く取り組もうとしている姿勢にも共感できました。

手足を動かし頭を使うことが
やっぱり大切

実際に入社してみて、エリアリンクという会社が「すごい!」と思えたのは、アナログをうまく使いこなしている点。仕事の効率化を図るためのエリアリンクマスターという社内制度があるのですが、これは手書きでのスケジュール管理がメイン。超アナログなんです。

自分は30年近くIT業界で生きてきましたが、自ら手足を動かし、頭で考えて行動に移すアナログ的な発想が物事の根本にあることを身に染みて感じていました。この考えを社員に徹底させていることにびっくり。だからエリアリンクの社員はみんな人の話しをよく聞くし、理解度が高い。会社の底力はアナログ発想にある。その発見がいちばんの収穫かもしれません。

小湊さんからのメッセージ

「効率化に捉われず目的意識を持つことが大切」

最近、何にでも効率化を求められ、いかに早く、簡単に、仕事をこなすかを優先させてしまう傾向にあります。けれど、大切なのは物事の目的を理解すること。

なぜ、この業務が必要なのか。なぜ、会議をする必要があるのか。なぜ、働くのか。根本に立ち返って目的を把握し、物事に意味を見出す。そうした思考を持つこともこの会社では必要かもしれません。