社員インタビュー(倉地 亮) - エリアリンク株式会社

部長 倉地 亮 2014年 新卒入社

定年間近になったとき、
錆びた歯車になりたくない。

仕事は楽しいものと
思えるようになった。

「君は将来的に幹部になるんだから、ぜひ入社してほしい」就職活動の面接で社長に言われた言葉です。ありえないですよね。不動産業界もトランクルームも知らない。社会や会社についてもよく分かっていない。そんな大学生に向かって、普通は言えないです。

私に対する期待を感じました。入社すると、1年目の9月にいきなり神戸営業所の新規立ち上げを命じられます。すごいムチャぶり。プレッシャーで倒れそうになりました。しかしこれが転機になった。なんとか目標の出店件数をクリア。結果を出して、評価してもらって、俄然やる気が出ました。

学生時代は40年も働くの?と仕事をネガティブに捉えていたのに。仕事は楽しいものと思えるようになった。努力を続ければ、それを見てくれる人がいる。結果を出せば評価してくれる。そのサイクルが楽しいですね。

人生100年時代に
必要なのはお金と時間。

今の私は、ネット通販や日常品の購入で我慢することがなくなりました。妻が欲しいと言った物、友人との交流、自分の趣味など、日々のお金に関する悩みがほとんどありません。

こんな生活ができるチャンスを与えてくれる会社に、感謝しています。私たちの時代は、人生100年と言われています。100歳まで元気に暮らしていくためには、お金と時間が必要。

お金があれば、奥さんが欲しいものを何でも買ってあげられる。子供が望む将来を後押ししてあげられる。お金を稼ぐのは、そのためです。

社会の競争に勝ちたいとか、大手企業に勤めたいとか、そんな価値観はこの先必ず壊れます。定年間近になったとき、錆びた歯車になりたくない。本気でそう思います。目の前の仕事を目一杯楽しむのが、私の人生です。