社員インタビュー(大野 詩織) - エリアリンク株式会社

主任 大野 詩織 2015年 新卒入社

女性“だから”、新人“なのに”ではなく
平等に評価してもらえるのが嬉しい

個人の3年後、5年後のビジョンを
一緒に考えてくれるという安心感

10年後、20年後、自分はどこでどんな働き方をしているんだろう。そんなことを考えながら6年前、就職活動をしていました。

さまざま企業の話しを聞く中でいちばん心に残ったのがエリアリンクの女性社員。その方はとても落ち着いていて穏やか。社内教育についても、3年後、5年後のキャリアプランやビジョンの実現に向けて、上司が相談に乗ってくれる体制が整っているとのこと。

“今”の仕事についてだけではなく、長期スパンで社員の将来をきちんと考えてくれることに安心感を抱くことができました。

思ったことは自由に意見を言え、
すぐに実行へ動くスピード感がスゴイ

入社して驚いたのは、新入社員にも関わらず自由に意見を述べられること。そして、そのことに対して、会社がすぐに動く。

私の場合も、屋外ストレージのレイアウトや自社のホームページで気になることを話すと、すぐに改善へ向けて動くことになったんです。そのスピード感にはびっくりです。

でも、こうした経験が自信になり、仕事のやりがいにつながるんですよね。この会社で頑張ることが心地よいと思えるのは「女性なのに頑張っているよね」などと言われないこと。

新人だろうが女性だろうがプロパーだろうがそうじゃなかろうが、みんな平等に、評価される。そのことが、私がこの会社を信用している理由です。

大野さんからのメッセージ

「失敗しないことよりも、失敗を恐れないことが重要」

新卒採用でも中途採用でも、入社した時は、希望に満ちあふれているものです。

「失敗するのが嫌」「大人になって怒られるなんて恥ずかしい」。そう思っている人は、この会社では少ないかも。私なんて、これまでどれだけ失敗したことか。そのたびに上司や同僚たちが再発防止に向けて一緒に考えてくれ、自信を持たせてくれる。

私が言うのもなんですが、失敗を恐れず、自分を律することが大切。むしろ、そういう人が仲間に入ってくれたら嬉しいです。