社員インタビュー(鈴木 佑) - エリアリンク株式会社

課長 鈴木 佑 2016年 中途入社

地道な習慣が未来をつくる。
社内異動のたびに会社の凄みを実感

圧倒的に規格外。
それがエリアリンクの魅力

エリアリンクは、私が前職で人材関連の広告営業をしていた際のクライアントだったんです。

当時から、エリアリンクはすべてが規格外。いち早く急成長マーケットであるストレージ事業に目をつけ、創業社長のノウハウを全社員に浸透させる独自の社内制度を確立し、上場企業ながら結果を出せば20代でも役員に抜擢する。どこよりもスピード感があり、社員が自分たちで会社をつくっていっている感覚がありました。

営業として取引を重ねるうちに、この規格外の組織に自分も参加したいと思うようになっていました。

どこでも通用する力を鍛え、
さらなる成長の糧に

入社時は前職の経験から人事部に。その後は営業部門に移り、トランクルームの新規出店を担う「出店開発」、全国約2000現場を管理する「保守管理」と様々な職務を経験しています。異動先は未知の領域でしたので、必死に勉強し、がむしゃらに動き、どうしたら結果を出せるか考える日々でした。様々な職務を経験し、失敗も成功もして、気付いたんです。職務が違っても仕事の本質って一緒だな、と。結果を出すために考えて、勉強して、その為に朝早く起きて、時間の使い方を見直して、こういうことが仕事の血肉になっていく。

基礎的で地道なことに思うかもしれませんが、仕事ができる人って、そういう感覚を知っていて、良い習慣を身につけている人なんです。仕事の本質に気付かせ、どこでも通用する力を鍛えてくれるのがエリアリンク。異動を重ねながらそのことを実感できた時、転職は正解だったと心から思うことができたのです。

鈴木佑さんからのメッセージ

「目的に向かって、執念をもって取り組める芯の強い人、来れ!」

新卒採用でも中途採用でも、入社した時は、希望に満ちあふれているものです。

目的を明確にして、すぐやる、愚直にやる。エリアリンクにおける仕事への取り組み方はこの言葉に集約される気がします。

決していつも褒めてくれるなまぬるい会社ではありません。むしろ毎日指摘を受けるような厳しさのある会社。自分はまだまだ、もっと成長したい、といった気持ちがない人には辛いですよね。

だから、今社内で活躍しているのは、根が真面目で、成長意欲の強い人たち。一人二人とそういう仲間が増えていくと嬉しく思います。